事業者の皆さんへ

 本年(2009年)4月30日に農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)の一部を改正する法律(平成21年4月30日法律第31号)が公布され、5月30日より施行されます。このJAS法の一部改正では、品質表示基準違反に係る指示又は命令が行われる時は、併せて公表を行うとする規定の新設、原産地について虚偽の表示をした飲食料品を販売した者に対する罰則規定の新設(原産地について虚偽の表示をした飲食料品を販売した者は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金、法人は1億円以下の罰金に処するとする直罰制度の新設)等がなされています。
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_gaiyou.html
(上記ホームページの「平成21年度法改正(産地偽装に対する直罰化)の概要」をご参照下さい)
戻る
ページ先頭へ